Welcome to

Food Safety

リュックの使い勝手の良し悪しはどこで決まるものなのか?

  • Post By:
  • Date:

収納性ということにどれだけ配慮がされているか?

使い勝手がいいリュックとは、物の出し入れがし易いこと、大きさの割りには物がたくさん入ること、物をいっしょごたにではなく分類して収納ができること、サイドポケットがあって小物が収納できるようになっていること、といったものではないでしょうか?このことは逆を考えてみればわかりますね。物の出し入れがしにくく、見た目ほどに物が入らない、収納口が一つしかないのでみんなまとめて入れるしかない、サイドポケットが一つもない、といったリュックはお断り、だからです。

着脱の際の取り回しの良さも使い勝手の重要なポイント

物の出し入れの良し悪しや、収納力、小物収納への配慮の有無、といったようなことは、収納性という面についての使い勝手なのですが、リュックの使い勝手というのはそれだけではありません。リュックを背負ったり外したりしようとする際の、着脱のし易さといった取り回しという問題も、リュックの使い勝手ということでは、収納性と同じくらいに重要なポイントなのです。この着脱がし易いリュックであれば、人の身体に上手くフィットするもの、と言うことになります。

リュックの使い勝手を決める収納性と取り回しの良否

また、背中に背負うだけではなく、手提げカバンのように手に持てるよう、手提げが付けてあるリュックであれば、背中に背負うことも手に提げることもできるので、これも使い勝手のいいリュックとなります。このような、着脱のし易さや手提げ付きかといったような点は、人間工学に配慮しているのかどうか、といったことになるでしょう。総じて、収納性の良し悪しという面と、取り回しの良し悪しという二つの面から、リュックの使い勝手の良し悪しというものが決まってくるのではないでしょうか?

数多くの人が支持しているリュックの人気のアイテムは、デザイン性が良くてオシャレなものや機能性が高いものなど様々です。