Welcome to

Food Safety

都会のオアシス!癒し効果の高い壁面緑化の魅力と種類

  • Post By:
  • Date:

壁面緑化のメリットは沢山あります

最近耳にする事が増えた壁面緑化とは、ツタやツル等の植物で覆った壁の事を言います。緑化した壁は周囲から目に止まりやすく建物の存在感が増す為、良いPRになるとの事で導入する会社が急増しています。特に都内では屋上空間より壁の方が広い建物が多いので、屋上に植えるより多くの緑を植える事ができヒートアイランド現象対策としても有効です。また緑は道行く人に安らぎを提供する効果もあり、都会のオアシスとの別名もある程です。

壁面緑化の方法と価格

メリットの多い壁面緑化ですが設置する時は、設置する壁の状況や日照、風、温度等様々な事を考慮する必要があります。主な方法としてネットやワイヤーを壁に設置してそこに植物を這わせる登はん型と壁の上部にプランターを取り付けて植物を下に垂らす下垂型、壁に植栽基盤やプランターを設置して植物を生育する基盤造成型があります。その方法や会社によって違いますが、大体値段は1平方メートルあたり2万円が相場と言われています。

メンテナンスはプロに任せると良いです

壁面緑化は植物を植えるので、当然メンテナンスは不可欠です。主なメンテナンスとしては水やり、施肥、剪定、病虫対策がありますが、植物の種類によって手間は変わります。その為壁面緑化の前に植える植物を十分吟味する必要がありますが、最近では植物を知りつくしたプロがメンテナンスをしてくれる業者も存在します。プロの業者に依頼すると一般的にメンテナンスの他に掃除や枯れた植物の交換、システムのチェックもしてくれるので常に綺麗な状態を保つ事が可能になります。

建物の壁を植物で覆う壁面緑化は水や肥料の管理だけではなく、害虫が発生しないように気を配ることが大切です。専用の農薬を使用するのが効果的ですが、都市部では周囲への影響を考慮して慎重に扱う必要があります。