Welcome to

Food Safety

保守最大のキモは細心の注意!機械式時計のメンテナンス

  • Post By:
  • Date:

デリケートさも高級感の一因!?

機械式時計は高級品の象徴として現在も珍重されています。一方で非常に精密な機械部品の塊でもあるため非常にデリケートで、日々のメンテナンスがとても重要になってきます。このメンテナンスを放置してしまうと、時間が狂ってくるのは当然として、何もしていないにも関わらず故障をきたしてしまうことになってしまいます。機械式時計についてはデリケートさもその高級感の要因だと心得て、しっかりと日々のメンテナンスを行っていく必要があります。

機械式時計に行う日々のメンテナンス

機械式時計が要するメンテナンスには様々なものがあります。象徴的なメンテナンス行為が何かと言われて挙げられるのは、数年に一度行うオーバーホールでしょう。一方で日々のメンテナンスとして最も重要なのが、「ゼンマイ巻き」です。機械式時計はゼンマイが巻いてあることを前提に各部品の駆動が考えられているため、ゼンマイを巻かないだけで故障してしまうことがあります。日々のゼンマイ巻きは機械式時計に動力を与えているだけではなく、メンテナンス行為でもあるわけです。

機械式時計の保守のためには細心の注意が必要

昨今は技術向上などによって簡単に故障しない機械式時計が出回るようになりましたが、それでも精密部品で構成されているものであるため、機械式時計は場合によっては簡単に壊れる可能性があると心得ておかなければなりません。水に触れる際や腕を振り回す際、磁気を帯びる機械機器の近くにいる時などは必ず外すようにしておきましょう。機械式時計はしっかりしたメンテナンスを施した上で、その着用の際に細心の注意を払うようにすれば、驚くほど長持ちさせることができます。

ウブロは国際的なスポーツイベントや有名スポーツ選手のスポンサーをしているので高い知名度を誇る時計メーカーです。