Welcome to

Food Safety

東京のお土産は三段階に分けて買っておくと便利です

  • Post By:
  • Date:

東京のお土産の買い方

東京のお土産は三段階に分けて買っておくことです。東京は広く電車で1時間も乗ると、関東平野全体のエリアに広がるため東京土産とは言っても、エリアが広がってしまいます。そこで、最初から3段階と思っておくと買い方に迷いません。3段階とは、値段のことで下は500円から、1,500円前後、そうして3,000円以上のクラスをいいます。値段は渡す相手の顔も見えるので、渡した時の状況を思い浮かべられるので迷いが消えます。

500円~1,000円の御土産は多めに買うことです

500円~1,000円までの御土産は多めに買っておくことです。この値段のクラスは、何も食べ物だけではありません。下町に行けば、昔ながらのおもちゃもありますし、お菓子や漬物でも懐かしいものが店頭に並んでいます。別にお土産を買わなければと思っていなくても、つい欲しくなるものがあります。金額も小さければ、気軽に手にして買っておくことです。買い物を楽しむことは旅行の特権でもありますし、それが後々話題になるのです。

大きなお土産は送ることです

御土産を手に一杯ぶら下げてといった光景は昔の話です。今は宅急便があるので、大きなものは帰る日程に合わせて送っておくことです。持って帰ろうと思えば、お土産の大きさを制限してしまいます。最初から制限してしまうと、折角の御土産を買おうとする気持ちに水を差してしまいます。贈る相手が喜ぶ顔を見たいので、お土産を買うことが基本ですから、最初から買い物に制限を付けてはお金の無駄遣いになってしまいます。特に5,000円以上の御土産は、お土産屋さんで送ってくれるものです。

東京の土産の人気と知名度は比例しています。地名が入ったものだと、さらに東京からのものとわかるので、重宝されます。